動画制作のポイント

前述したように主張は強いが、載せられる情報に限界があり準備することも多いということが動画広告の特徴です。では動画を作るにあたってどんなことに気を付ければよいでしょうか。

それは長所を最大限に活かすことです。具体的に言えば短時間にインパクトを与える動画を作り、伝える情報は最小限にまとめるということです。せっかく動画を作っても文字がダラダラと行き来するだけではたとえ消費者が見ても興味を引くことはできないでしょう。逆に「面白い広告だな」「一体何のCMなんだあれは?」と思わせる動画を作れば消費者は自ずと自分で商品のことを調べ、購入する方向に向かっていきます。多くの情報を伝えるという短所の部分はほかの広告媒体にまかせ、興味を引くことだけに特化するようにするのです。

そうすれば長所を最大限に活かせる動画を作ることができるでしょう。インターネットで魅力的な動画を調べそれを参考にするのもいいかもしれません。また動画制作サービスを提供している会社も多くあるため、相談や見積もりをしてみるのもいいでしょう。その道のプロですから、商品やサービスをより魅力的に伝えられる動画広告について豊富な知識を持っているはずです。