広告媒体の種類

動画での広告はどんな長所があるのか、ほかの広告媒体と比較してみましょう。広告には大きく分けて三つの種類があります。

一つは文字や絵を基調としたものです。チラシや新聞、WEB上のバナーなどもこれにあたります。世の中にある広告のほとんどがこれと言って差し支えないでしょう。
二つ目は音を基調としたもの。ラジオ放送や店内放送がこれにあたります。普段何気なく耳にしているものの中によく混じっていますね。
三つ目が前者二つを組み合わせたもの、主に動画です。TVやインターネットなど最近多様性を見せている広告です。ではこれら三つにはどのような長所と短所があるのでしょう。これは広告そのものの「主張」と「情報のち密さ」関係してきます。

絵や文字を基調としているものは基本的に主張が弱くなります。消費者に興味をもたれない限り読まれないからです。しかし何度も読み返すことができ、レイアウトにもよりますが商品の情報をできる限り載せることができます。読まれさえすれば多くの情報を消費者に伝えることができる、というわけです。音を基調としているものは絵や文字で伝えるより主張は強くなります。なぜなら音が届く範囲に人がいさえすれば聞かせることができるからです。

しかし繰り返し聞くことは基本的にできず、聞いた内容を忘れられてはどうしようもありません。そして動画は最も主張の強いものと言えるでしょう。モニターという準備物は必要ですが目に入りさえすれば多くの人にインパクトのある画像や音を届けることができます。ただこちらも繰り返し見直すことは難しく、また動画編集、機材購入など準備物が多いことが短所です。